大人のチカラでしてあげられること


親がしてあげられることの一番大きなことは実は「資金の確保」です。
あれもこれもで、家計が破綻してしまうようでは意味がありません。

「身の丈にあう」ことを親自身が思い知るのは、ツライことでも
ありますが、幼いといえども、子供自身に十分理解させておかないと、
後でたいへん悲しむことになります。

特に芸術系において、おおよそこれ位かかるだろうという試算を
はるかに超えてしまう場合があります。


子供のお稽古の費用

より高度な技術修得に向かってレベルの高い教師についたり、
思っていた以上に材料代がかさんでしまうことはよくある事です。
また地域のスポーツ活動においても、そろいのユニフォームを
つくってみたり、お楽しみと称した付き合いがあったり、
予定外の出費があるものです。

そして健全な心身の管理です。子供のうちは睡眠時間も必要ですし、
遊ぶこと、たとえぼーっとしているようでも、空想する時間が
とても大切だといわれています。

コマーシャルにもありましたが、家族といっしょに食べることの
楽しさを知らない子供が結局、根本的に人生の何を学べるのか、
十分に親が考えていかなければいけない部分です。

ゆとり教育の見直しで、平日(月曜日〜金曜日)までの、
学校授業のカリキュラムは長時間化してきています。
学校から帰ってきて一服する暇もなく、スポーツクラブや
お稽古ごとに身体を使うことも考えられます。

よほど上手に身体を休めることを教えていかないと、
どこかで無理が出てきます。体力向上の目的で通うお稽古で、
体調を崩していてはまったく意味のないことです。

こどもが楽しく生き生きと生活しているのか、しっかり自分の目で
確認してあげたいところです。

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved