習い事を習う場所

子供のお稽古


「教えてもらう」というには、いろいろな方法があります。
教育の基本は義務教育ですから、学校の課外授業や公開講座などで、
さまざまな知識を得ることが安価で望ましい方法です。

文部科学省が後押しした教室や、大会・コンクールなどもあり、
世相全体としては、子供の教育として前向きな活動を行っています。

個別に修得したい種類は様々なので、いろいろな教室があります。
形態として個人レッスンとグループレッスンに分けられます。
たいてい初心者は、まずグループレッスンで概要を知り、
習熟していくにしたがって、個別に理解度を深める傾向にあるようです

また、場所もスクールとして借り受けた公民館や会議場などを
使用される場合や、ピアノや書道教室のように個人宅でされるところ
もあります。

数の少ない種目ですと探していくことになりますが、
交通費・交通事情、また教室周辺の環境などもよく考慮して検討する
ことが必要です。

いずれにしても義務教育ではないのですから、方法はいくつでも
あると考えて、余裕のあるお稽古をなされたいものです。

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved