器械体操

器械体操


器械体操について


器械を使って行う体操の競技です。
男子は、ゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒の6種目。
女子は、跳馬・段違い平行棒・平均台・ゆかの4種目があります。

技の難易度、美しさ、雄大さ、安定性などを基準に採点が行われ、
その得点を競うスポーツです。国際大会のルールと各地で開催される
大会のためのジュニアルールなど、すこしずつ採点などに違いがあり、
多くのローカルルールも存在します。

オリンピックや国際大会があり、メディアでの露出がありますので、
競技としての知名度が高く人気があります。

反射神経や俊敏性など、いわゆる運動神経を必要として、
素材を見出されて始めることが多いようです。

専門の器具を使うので、器械体操の選手になって大会に出たいなどと
目的のはっきりしている子供が多く、基礎から高度なレベルまで
習得します。

しかし子供の場合、早期からの専門的な訓練は、特定の筋肉が
ついてしまうことがあり、骨の成長に影響があるといわれています。
準備運動・柔軟体操・姿勢づくりをしっかり行い、
バランスのよい体を作るようにします。


学ぶ方法


体操教室として、看板を揚げているところがあります。
カルチャースクールや、体操教室の講座の中で器械体操として
宣伝しているところを調べて見ましょう。専門の用具が必要なので、
環境が大切です。


・練習生徒の人数、練習のスペースは十分で危険がないか。
・体操に必要な用具が整っているか。
・専任講師がいるか、何人で教えているのか。
・講師はどういう種類の体操の経験者なのか。


参考ホームページ


日本体操協会
http://www.jpn-gym.or.jp/


目的


★身体の全般的な筋肉をつくり、柔軟性・反射神経・俊敏性を養う

★準備運動・柔軟体操・正しい姿勢づくりなどをすすめ、体操の基本技術の向上をめざす

★体力、技術、精神面など基本姿勢を学び、次第に高度なテクニック技術を習得するチャレンジ精神を養う

★目標をつくり、精神鍛錬を規律正しさから礼儀作法をみにつける

★規則正しい学習活動によって集中力を向上させ、技術を研鑽する

★持久力・バランス力をつけ明るく健全な人間形成を目標にする


費用


☆月謝
週1回 ¥5000〜
☆経費
傷害保険料

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved