カート

カート


カートについて


カートとは鉄などのパイプでできたフレームに、
むき出しのエンジン、タイヤ、シートなどを取り付けた、
シンプルな構造の自動車のこと。

操作はステアリング・アクセル・ブレーキのみで行い、
車を速く走らせることを楽しむスポーツです。

手だけで操作するもの、ミッションが付いているもの、
EV(電気)カートなどの種類があります。競技としてのカートは、
4ストロークエンジンと2ストロークエンジンに大きく分けられており、
一般の人でも楽しめるように、レンタル用のカートを使用する
クラスから、レース仕様のものまで細かくクラスが分けられています。

遊園地などの遊具としてはなじみが深いものですが、スポーツとしては
レーシングドライバーの入門クラスに位置づけられており、
少し敷居が高いのかもしれません。

しかしF1などの上級クラスのドライバーのほとんどは
ジュニアクラスでのカートの経験があるといいます。

全日本選手権・世界選手権も開催されていて、
アメリカでは時速200km以上出るスーパーカートのレースもあり、
観戦するスポーツとしても、幅広い世代から人気を得ています。

レースに出るには、ルールやマナーを覚えるため講習を受けて
ライセンスを取得しなければなりません。

他の自動車競技に比べると、かかる費用が低いとされていますが、
全日本クラスに年間を通じて本格的に参戦するとなると
かなり大きな費用がかかります。


学ぶ方法


カート競技は自動車競技と同様にレースへの関わり方により、
免許が必要です。ジュニアクラスでは、10才から取得できる
「カートジュニア国内B」というクラスと、15才以上から取得できる
「カート国内B」というクラスで参戦できます。

受験するためには保護者と一緒に講習会へ参加し、
規則やカート走行の実践などについて学習、筆記テストと
実技テストを受けます。

カートのサーキットは全国に70箇所ほどありますが、
どの種類のコースなのかはいろいろですので、目的のコースを
選ぶ必要があります。


目的


★適度な筋肉を発達させ、反射神経・俊敏性を養う

★的確な手段や状況を、瞬時に判断する知力と分析力を高める

★ルールやマナーを身につけ、精神力、集中力、忍耐力、持続力を鍛える

★仲間と一緒に身体を動かし、連帯感や協調性をはぐくむ

★体力増進、持久力・バランス力をつけ明るく健全な人間形成を目標にする


費用


許可証料:
国内B ¥3,000
ジュニア国内B ¥1,500
カートなどの道具
コース使用料
レース出場代 など

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved