武道とは・・・

武道とは・・・


武道について


武道(ぶどう)とは、さまざまな種類の格技の総称で、
心身を鍛え、技を磨くことで、人格の完成をめざす道のことです。
古くから日本の伝統として受けつがれてきました。

「武道」という言葉は元来、江戸時代の武士道を指したもので、
それ以前のものは、あえて区別するために「古武道・古武術」など
と呼ばれます。

明治時代に柔術を技術体系化した「柔道」がつくられ、
柔道が現在の武道の基本となりました。

明治末から大正にかけては現在のように「技術」が主であったが、
だんだん戦争に向けて大和心(大和魂)を重んじる風潮となり、
戦時中に大和魂の精神修養として教育の現場で使われる
ようになりました。

現在では、また技術を鍛錬する柔術の傾向が戻ってきており、
純粋なスポーツとしての現代武道として人気があります。

柔道・剣道・空手が人気のあるところですが、
少林寺拳法などのように戦後新たに創られた武道もあり、
最近の格闘技ブームにのり、日本人のみならず世界各地で、
広く習得・普及されています。

もともと武道とは勝敗をつけるものではなかったのですが、
近年では、試合を中心に考えてトレーニングに取り組む傾向が
強くなっており、技術体系としての武道と、競技としての
格闘技の境界が曖昧になっています。

武道なのか、格闘技(スポーツ)なのかは団体や教室によって
目的が様々ありますので、自分の目的をきちんと定めましょう。


主な武道には・・・


合気道・居合道・空手道・弓道・柔道・剣道・少林寺拳法・なぎなた・日本拳法などがあります。


道具を使うもの、体のみで行うものなど様々です。また新興武道として、
剣道を安全にスポーツ化した「スポーツチャンバラ」も
子供に人気があります。

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved