柔道

柔道


柔道について


明治15年に嘉納治五郎が創始した武道。精神鍛錬のための道でしたが、
近年ではスポーツとしての取り組みが多く、格闘技、スポーツにも
分類されています。

江戸時代、武家社会の中で武士の武術の一つとして発展し、
幕末までに百を越える流派が生まれました。

現在の主流である講道館は新興柔術の少数派の一派でしたが、
後に小説「姿三四郎」のモデルとなった西郷四郎が警視庁武道大会で
優勝したため警察庁に認められ全国に広まりました。

正式名称は「日本伝講道館柔道」といいます。

スポーツ色の濃い柔道ですが、今でも講道館柔道は
「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」を真髄とし、勝利至上主義ではなく、
精神鍛錬を目的としています。

現在は世界中に普及し、国際柔道連盟の加盟国・地域も180カ国を
超えています。日本のお家芸といわれていましたが、
オリンピックや世界選手権においても、世界の選手の活躍が目覚しく、
日本人としては伝統を守り充実、発展させていきたいスポーツです。

段級位制をとっており、数字の大きい級位から始まり、
上達につれて数字の小さな級位となり、初段の上はまた数字の大きな
段位になっていきます。

初段の黒帯が国際的にも「クロオビ」として定着しており、
強さの基準となっています。


学ぶ方法


公営の武道場や体育館で練習されていることが多くあります。
また柔道経験者が個人で柔道教室などを開いている場合、
自宅家屋の一角を道場に改造している場合もあります。

畳が必要なので、ほとんどの練習場が柔道専用の道場とされています。
練習のスペースは十分で危険がないか、十分に環境に配慮してあることに、
気をつけて選びたいところです。


参考ホームページ


財団法人 全日本柔道連盟
http://www.judo.or.jp/
講道館
http://www.kodokan.org/index_j.html


目的


★伝統を尊重し、心身の鍛錬と技を磨くことに努める

★的確な手段や状況を、瞬時に判断する知力と分析力を高める

★武道ならではの、精神鍛錬を通じ、規律正しく礼節を学ぶ

★身体の全般的な筋肉をつくり、反射神経・俊敏性を養い、運動習慣の基礎を養う

★仲間と一緒に身体を動かし、連帯感や協調性をはぐくむ

★心身のストレスを解消し、健康増進をすすめる


費用


☆月謝:
週1回 ¥1,000〜
☆経費など:
道着

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved