バイオリン

バイオリン


バイオリンについて


4本の弦を弓でこすることによって音を出し、
演奏する弦楽器の種類。クラッシック音楽に使用される楽器のなかで、
ピアノと並びぶポピュラーな楽器です。

全長約60cm、重さ約500gで木製のものが主流。
表板は柔らかい木、側板と裏板には硬い木が使われています。
日本製のバイオリンもあります。

バイオリンが世に登場してきたのは16世紀初頭といわれていますが、
その起源についてはっきりしたことは分かっていません。
現存する最古の楽器は16世紀後半のものですが、
それ以前の絵画にリュートと呼ばれるバイオリンの祖先の楽器が
描かれていることが分かっています。

現在では弦の振動をアンプで増幅するエレクトリックバイオリンも
あります。多様な音色が出せ、表現力が豊かなため、
オーケストラではメロディーラインを任される楽器です。

またクラッシック音楽だけでなく、東欧、アイルランド、
アメリカなどで民族音楽にも使われています。

日本には16世紀中頃にポルトガルからの修道士によって
伝えられたといわれています。

しかし日本人が本格的にバイオリンを扱うのは明治以降のこと。
戦後になってから教則本が普及しはじめ、幼少時期の早期教育にも
盛んに使われるようになり、技術水準が飛躍的に上がっていきました。
楽器の人気度はピアノに次いで高く、
世界で活躍する日本人奏者も多数います。


学ぶ方法


大きな音楽教室でしたら、バイオリン部門として講座を持っている
ところがたくさんあります。しかし、たいていの場合技術向上を
目指そうとすると、個人レッスンになります。


次のポイントを確認しておきましょう。


・どのような経歴の指導者か。
・どのようなテキストで教えるのか。
・指導者の目標はどこにあるのか。
(楽しみとしての演奏なのか、上達することが目的なのかで、指導方法がかわります)


目的


★音楽を通して豊かな創造性、音楽感覚を育て、人格形成に役立てる

★世界の文化財産である西洋音楽の価値を知り、曲の歴史や背景を学ぶ

★楽器独自の基礎奏法や総合的または高度な音楽知識を学ぶ

★豊かな感受性をはぐくみ、様々な表現方法を身につける

★目的意識をもち満足感・充実感を積み重ねる事により、自信をつけ、生活面での意欲の向上につなげる

★心身のストレスを解消し、情緒の安定をうながす


費用


☆月謝:
週1回 ¥8000〜
☆経費:楽器代
教材
入会金、発表会費用

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved