さあ貯めるぞ

"待望の子供が生まれた。玉のようなかどうかは知らないが、元気な小さい男の子。親ばかそのもので、本当に可愛い。
生まれたその日から、どうやって子供の教育費を貯めるか、考えてきた。当てに出来るのは、次の3つだけ。
1.児童手当、
2.夫の賞与、
3.祖父母のお小遣い。
大学進学も含めて、どのくらい必要になるのか、簡単に計算してみるが、どうやって貯めたものか分からない。そこで考えた。生活費の水増しで行こう!と。
退院したその日から、予防接種スケジュールや、通院日は決まっているので、交通費だとか診療費を理由に、生活費を上乗せ請求する。そのうち、子供が病気になったり、怪我をした際の分を予算に組み込み、100円単位で端数を切り上げて、更に切り良くして請求することにした。子供のためなので、夫も協力してくれる。
更なる貯め分は、学資保険。子供のケガ保険に便乗させて加入。これで、どうにか最低ラインは何とかクリアした。
余剰分は、へそくりでカバーである。どこまでいけるか。知恵の使いどころである。

"

PICK UP!!子供の習い事を決める前に調べておかないといけないこととは?

関連エントリー

 
Copyright © 2006-2008 がんばれ教育ママ!子供のお稽古・習い事. All rights reserved